News

【キャストインタビュー】速水奨さん(サリエル=ノワール役)


  • サリエル=ノワール役
    速水 奨

    ーー作品の印象を教えてください。
    濃厚なシーンが連続していて、ドキドキしました。
    設定も世界観も非常に分かりやすく、それでいて甘やかさ、親密度の度合いが細かく設定されているので、お楽しみいただけるのではないかなと思います。
    少女が見る甘やかな夢のような世界観で、世の女性たちの理想的なシチュエーションが描かれています。

    ーーご自身のキャラクターの第一印象と魅力的なポイントを教えてください。
    サリエルは自分のことを悪魔と言っていますが、じつはあまり悪魔的な部分がない。むしろ、すべてを許すとても優しくキャパシティの広い男性のように感じました。発している言葉と心が裏腹というか、すべての言葉がヒロインを“ベル”として成長させるためにあるような一貫性を感じますね。

    ーー演じる際に意識した点についてお聞かせください。
    普通の喜怒哀楽の表現ではなく、サリエルの冷たい部分を感情の起点としました。少し低体温で、まるで蛇のような、爬虫類っぽさを意識して演じました。

    ーーご自身のキャラクター以外で気になるキャラクターとその理由も教えてください。
    ポンコツ執事でしょうか。どのくらいポンコツなのかを知りたいなと思いました。
    また、周りにそれを許容させてしまう愛嬌というのはどれほどのものなのか、気になるところではありますね。

    ーー「イケメン王子」というタイトルにちなみ、自分を「〇〇王子」だとするならなんだと思いますか?
    「螺旋王子」でしょうか。子供の頃からアンモナイトが好きで、大人になってお金を稼ぐようになってからはコレクションするようになりました。古いデパートの大理石でできた壁面に、アンモナイトが浮かんでいるのを見るのも好きです。

    ーーファンの皆様へのメッセージをお願いします。
    日常から一度離れて、空想の世界で思う存分、コンデンスな恋愛を楽しんでいただけたら。そのお役に立てるのなら幸せです。

  •