MENU3周年

インタビュー

白井悠介さん
(ブラン=ラパン役)

2016/08/05

白井悠介ブラン=ラパン

――作品の印象を教えてください。

最初は単純にファンタジーものかなと思ったんです。もちろん魔法が発達した世界ということで、ファンタジー要素はあるんですが、実際はファンタジーファンタジーしてなくて、リアルな人間関係や心の動きを細かく描いているストーリーだなと思いました。

――ご自身のキャラクターの第一印象と魅力的なポイントを教えてください。

まず絵を見たときに、白くて眼鏡ということで、「やった! 」と思いましたね。僕眼鏡キャラが好きなので(笑)性格的には女ったらしだけどあくまで紳士で、こういったキャラクターを演じる機会が少なく、どういう風に演じようかなと思っていました。台本を読んでいくと、主人公に対してはピュアで一途なところもあるので、そこがギャップというか好印象でしたね。

――ご自身のキャラクター以外で気になるキャラクターとその理由も教えてください。

やはりオリヴァーですかね。一緒に住んでいますし、オリヴァーとの出会いとかは気になります。余談ですが、オリヴァーの衣装の緑色も、僕の大好きな色なので(笑)オリヴァーは子どもっぽくて可愛い外見ですが、なにやら二面性があるらしく…その変化も楽しみにしています。

――今後期待する展開はありますか?

今はキャラクターは14人ですが、もっと新たなキャラクターとかが増えても面白いですよね。過去に因縁のあるキャラクターとか、新たな関係性のキャラクターが出てくるとか。今回の軍のキャラクターがトランプの兵をモチーフにしているということなので、チェスをモチーフにしたりとか…どうでしょう?イケメン革命というタイトルに恥じないよう、イケメン親父とか、イケメンモンスターといった新たなイケメンを生み出してもいいんじゃないでしょうか(笑)あとは、ドラマCDとかで、ゲーム上ではなかなか絡むことが少ないキャラクターとの会話シーンも演じてみたいなと思いました。


この声優のキャラクターを見る