MENU3周年

インタビュー

土岐隼一さん
(ムース=アトラス役)

2018/10/20

土岐隼一ムース=アトラス

――作品の印象を教えてください。

「不思議の国のアリス」というとても有名な作品に、『イケメン革命』独自のエッセンスを加え、よりファンタジー要素を強めた世界観が素敵だなと思いました。もともと僕自身、ファンタジーが大好きで! もちろん「不思議の国のアリス」は、続編の「鏡の国のアリス」も読み込むくらい好きな作品でした。ですので、数あるイケメンシリーズのなかでも『イケメン革命』に参加できてうれしいという気持ちが強いです。
『イケメン革命』は、原作へのオマージュや細やかな設定がふんだんに散りばめられていて、作品から作り手の愛をとても感じます。たとえば眠りネズミは、イメージ通りのおっとりした雰囲気だけど、職業は「外交官」という意外な設定が。原作の設定と、『革命』ならではの設定が相乗効果を生み出していて、魅力が何十倍も増しているなと感じました。

――ご自身のキャラクターの第一印象と魅力的なポイントを教えてください。

原作での「眠りネズミ像」が僕の中で強く印象づいていたので、マイペースでおっとりしているイメージはもともと抱いていました。ですがムースはそれだけじゃなくて、とあることへのコンプレックスなど、影の部分も持っているんです。それが彼の「かっこよさ」を生み出しているなと思いました。また、マイペースではありますが、とてもまっすぐなところも好印象でしたね。変にこだわらず、自分のペースではあるけれど、伝えなくちゃいけないことはストレートに伝えていて。1人の男としてすごくかっこいいと思いました。

――ご自身のキャラクター以外で気になるキャラクターとその理由も教えてください。

オリヴァーです! 子どもだけど毒舌で大人な彼と、マイペースなムースが相対したらどんな会話が展開されるのかが気になるところですね。

――今後期待する展開はありますか?

スピンオフ的なストーリーがあると面白いかと思いました。ムースの場合は「退役軍人」という設定がありますが、たとえば「彼の現役時代を知るキャラクターたちと出会った時、どんな会話をするんだろう?」と想像してしまいますね!「ほかのキャラクターたちとどんな風に主人公を取り合うのかな?」とか、「外の世界の人たちとの会話は……?」とか妄想が膨らみますね。キャラクターのいろんな面を見られるストーリーに期待しています。


この声優のキャラクターを見る