MENU3周年

インタビュー

熊谷健太郎さん
(ゼロ役)

2016/07/29

熊谷健太郎ゼロ

――作品の印象を教えてください。

タイトルを聞いた時の第一印象は、不思議の国のアリスのイメージもあってカラフルで鮮やかな世界観なんだろうなと思いました。その中でまず、ゼロのキャラクターとシナリオを読ませていただいたら、男らしく、日本男児のような硬派なところもあって、そんな彼のカッコよさを正直僕が表現できるのかなっていう不安も最初はありましたね。ゼロの過去には大きな秘密がありますが、歪まず誠実なので、彼はどういう人間なのかとすごく興味が湧いていきました。男でもこういう男は好きだなというようなキャラクターなので、女性向けのゲームと言いつつも男がやっても惚れちゃうんじゃないかな(笑)シナリオがとにかく熱くどんどん引き込まれていきました。恋愛してるときと戦っているときのギャップが好きですね。

――ご自身のキャラクターの第一印象と魅力的なポイントを教えてください。

イラストを見たときの第一印象は、クールで褐色肌で、そのバランスが本当にカッコよくて、「うん、俺好き! こういうの! 」って思いました(笑)ビジュアルは、冷たさそうな印象を受けるんですが、接してみると人との付き合いを疎かにしないし、根が優しかったり、食べ物の好みが可愛かったり、初見のビジュアルの印象と、読み解いていく中でギャップのある部分もあって可愛いなと思いました。

――ご自身のキャラクター以外で気になるキャラクターとその理由も教えてください。

エドガーとは絡むことが多かったので、エドガーも気になりますが、僕としてはハールの存在が気になっていますね。とても謎が多い存在ですが、ゼロとも過去に何か関係があったようなので、その2人の関係性を知りたいなと思いました。あとは、同じエースという対になっている黒のエースのフェンリルですね。大先輩の柿原さんが演じていらっしゃるということで、対で出されるとドキドキしちゃいますが、同じエースといっても、性格は反対と言ってもいいくらい違うのでエース同士どういった絡みがあるのか気になります。

――今後期待する展開はありますか?

ぜひ動く彼らを見たいです!剣術と魔法と恋愛と、いろんな要素が詰まっていますので、男性には剣術のようなアクションを魅せることができますし、女性には恋愛にはまっていただくなど幅広く楽しめるんじゃないでしょうか。何より純粋に僕自身が闘っている彼らを見たいですね。あとは、キャラクターソングなんかも歌えたら嬉しいですね。エロくも渋くもいけると思います(笑)


この声優のキャラクターを見る